娘との楽しい時間を作る事ができました

娘との楽しい時間を作る事ができました

土曜日、授業参観だったので、今日は代休で小学校はお休みです。

保育園は関係なく普通にあるので、たまにはお仕事をやすんで長女とデートでもしようと、お出かけをしてきました。

長女と2人だけの時間は、子どもが次々に産まれてくるのでなかなか作れずにいたの、すごく貴重な時間でした。

お出かけしたのは、家から車で15分くらいのショッピングモールです。

丁度セールをやっている時で、いろんなものが安くなっていました。

娘が小学校で使うリュックサックを買いに行ったんですが、どうもあんま気にいったリュックが見つからない様子。。。

まあ、ブラブラ楽しもうかということで、私も最近洋服を買えていなかったので娘にこれはどうかと奨められたものを試着して楽しみました。

最近のワンピースはかわいいですね!

マタニティー用のものを買わなくても、十分お腹もすっぽり入るくらいゆったりとしたワンピースがたくさん売っていました。

しかもセール中なので安い♪

思わず1着お買い上げしました。

無印良品へ行ったときにお絵描き好きな娘がある物い目をつけました。

それは、布に絵が描けるというクレヨン。

やてみたい!欲しい!というので一つ購入。

ついでに50円のバッグも購入しました。

家に帰ってやるのが楽しみだな?♪とかなり浮かれている様子。

お昼は私の大好きなラーメン屋さんへ行きました。

娘は初めて行ったのですが、「おいしい!」と大はしゃぎ。

2人で1杯とチャーハンと餃子を頼んだのに、最終的には替え玉までしてしまいました。

お腹いっぱいなはずなのに娘から一言。

「ママ、なにか甘いもの食べたくない?」と。

なのでそのままサーティーワンアイスクリームへ。

チャレンジザトリプルの期間中だったので、3つ選んで2人で食べました。

もうお腹がはち切れそう!というとこまで食べました。笑

娘も満足そうで、もう何も食べられない?と言っていました。

その後は行ってないお店に行ってまたショッピング。

GAPでかわいいリュックを発見!

娘に言うと「これ、かわいい?!!」とかなり気に入った様子。

お値段も定価より2500円も安くなっていました。

ピンクがいいと言い張る娘に水色を背負わせると、自分でも水色の方が似合うと気づいたらしく、「やっぱり水色にする!」と一言。

そのままレジへ持って行き、お金を払って大満足。

娘といろんな事を話しました。

すごく充実した良い時間でした。

また、2人での時間を作りたいです。

名古屋で脱毛しよう

幼稚園バスのママ友達との付き合い

長男が通っている幼稚園は車で10分未満の所にあります。

我が家から歩いて数歩の所に園バスが停まるので、この4月から息子も園バスに乗って幼稚園へ通っています。

息子が乗る園バスが一番人数が多く、きょうだいを含め子どもだけで10人乗ります。

子どもはそれぞれ乗る場所が決まっていて、バスがくるとワイワイ次々と乗車をしクラクションの音とともにバスが出発します。

バスが出発し、家にすぐ帰りたいところですが園バスのママさん達は立ち話をするのが日課なので、お付き合いを兼ねて私も参加します。

立ち話の内容は幼稚園での話や旦那や自分の子どもの話しです。

楽しくワイワイ話すというよりは、それぞれ気をつかいながら話をしているようです。

私は長男が4月から初めて幼稚園に通い始めたので、園バス歴は3ヶ月です。

もう1人のママさんは1年目です。

残りの4人のママさんは2・3人目の子どもが幼稚園に通っているので、園バス歴が長く付き合いも長いようです。

長い付き合いの中で色々あったようでした。

やはりここ最近から園バスのママさんと関わりを持ち始めた私にとっては、話しについていけなかったり話をするというよりは話を聞いて頷く程度です。

最初の頃は、なんだか付き合いもしんどいなとネガティブになったり、ストレスに感じたりもしました。

今ではいい意味で“適当”を覚えてからは、あまり気にならなくなりました。

長男だけではなく、我が家には下に2人の未就園児の子どもがいるので、話しの途中で切り上げて先に帰ったりしています。

ある意味逃げができるわけです。

朝だけではなく14時40分に園バスが帰ってくるので、またそこでママさん達と再会します。

帰りのバスは朝とは反対側で、公園にとまるので子ども達はバスから降りるとともに公園へ直行です。

長男はお友達と遊べてご機嫌なので、遊べる時間が嬉しいようです。

ママにとっては気を使う時間なのですが、“付き合い”と思うとまたストレスに感じてしまうので、あまり深く考えないようにしています。

何かあった時には相談できるし分からない事も教えてもらえるので、負担になることばかりではありません。

長男にとってもお友達と遊べることがいい刺激になっているようで、感謝するところでもあります。

まだまだ長い付き合いです。

負担にならないように工夫しながら、楽しく過ごしていきたいです。